• 2022年6月15日

フローリング直貼り工法のポイント♪

フローリング直貼り工法のポイント♪

フローリング直貼り工法のポイント♪ 573 356 愛岐設備工業株式会社

今回は、フローリング直貼り工法の施工のポイントをご説明いたします!

フローリングの施工方法には大きく3種類あります!

①根太工法や、②捨て貼り工法といった戸建てに用いられる、釘を使ってフローリングを固定する方法と、

直貼り工法というマンションに多く用いられる方法です。

マンションは、床の下地がコンクリートの場合がほとんどの為、ボンドで張り付けてフローリングを固定します。

しかし、フローリングとコンクリートだけの床では固くて足が痛くなってしまいますし、

物を落とした時や、歩く足音が階下の方へ響いてしまいます。

こういったデメリットを、L40・L45等級といった裏側にクッション材が付いたフローリングを使い

解消いたします。

マンションのフローリングは『フカフカ』するなどとよく言われますが、

こういった緩衝材が入ってているからなのです💡

ここからが施工のポイント(‘ω’)ノ

クッション材がついている直貼り用フローリングを壁際部分までピッチリ貼ると、動くフローリングと、

動かない壁とのあいだで“こすれ”が生じて床鳴りの原因になってしまいます。

そういった接触部分ではクッション材を一部はがし、同じ厚みのパッキンを入れて固定します。 

面倒な作業ですが、こういった工夫だけで床鳴りを防ぐことができるんです💡

3センチ程に引き割って角や隅に並べていきます!

パッキン材は購入したフローリングに付属されている事も多いです!

弊社でよく使うNODAさんのウォークフィットにもしっかり同梱されておりました。

こちらの商品はWAXいらずで滑りにくく、ペットにも優しい素材なので大人気です😎

リフォームは下地が大事!目に見えていないところまでシッカリ!!

を、モットーにしている愛岐設備から(^^)/

今回は、フローリング施工のポイントでした!!

過去記事はこちらから

Instagram(施工実績)はこちらから