• 2021年8月11日

在来工法のお風呂のリフォーム

在来工法のお風呂のリフォーム

在来工法のお風呂のリフォーム 1024 569 愛岐設備工業株式会社
在来工法のお風呂のリフォームについて

最近の新築マンションではユニットバスが大半で、在来工法のお風呂場はほぼ見なくなりましたが、1980年代前半に立てられたマンションだとまだまだ見かけます。

在来工法とは、床や壁の防水性を考慮しながら、モルタルとタイルで仕上げた工法の浴室です。

さすがに40年近くたっていると排水トラップ等は劣化がひどくなる一方です。

錆びて、朽ちてしまうとうまくトラップとしての封水機能を果たしません。

そのままにしておくと、においの原因や漏水トラブルに発展してしまう可能性もあります。

しかし、、年数が経っていると代替部品がないので簡単に交換という訳にはいきません。

年々、維持が難しくなっていく在来工法(>_<)

『在来工法の浴室を、ユニットバスにできますか??』という質問もよく頂きます♪

在来工法は決まったサイズが無く、現場ごとに広さや形が違うので、本当に現場を見てみないとわからないケースが多いんです。

しかし、マンションスペシャリストの経験と知識で、どんな現場にも適したご提案させて頂きます!

浴室内の広さや、床下の深さなどで工事費も様々ですが、お客様一人一人に合ったご提案をさせて頂きます!

もしユニットバスが入れれなくても、他にもいろいろな方法での浴室リフォームの提案も自信があります!

在来工法のお風呂をお持ちのお客様もリフォームを諦めずに、

是非、愛岐設備に一度!ご相談ください(‘◇’)ゞ

過去記事はこちらから